思うがままに楽しく気楽に暮らしたい、一人暮らしの黄昏日記

こんなわたしに料理教室は必要ですか?

結婚してから、一番不安だったこと。
それは、料理です。
嫌いじゃないけど、日々の献立を考えることが結構苦になるのです。
料理教室とか行っていたら解消できるのかな、とも思いますが、時間とお金がもったいない。
作る料理が偏っているわけではないのです。
パスタ、ハンバーグ、焼きそば、炊き込みご飯、煮物、カレー、肉じゃが、味噌汁、、、。作れる料理が少ないのです。
もっとバラエティ豊かに作って、「すごいじゃん」なんて言われたいのです。もっと上手に作れるようになりたいのです。インスタとかにも載せたいのです。

時にネットで作りたいものや、材料を入力してレシピを見るのですが、面倒くさく感じちゃったり、失敗するのが怖かったりで結局今度今度と先送り。
そういえば何年か前に、ネットレシピで豆腐ハンバーグに挑戦し、失敗したことがありました。水切りがちゃんとなされずぐちょぐちょになり、ハンバーグの形にならなかったのです。
とってもショックでした。二度と作るまいと、今まで作ったことがありません。

とは言いながらも、得意な料理はあるのですが。
それは、な、なんと煮物です。
とんこつ煮、ぎゅうすじ煮、肉じゃが、筑前煮、結構好評なんです。私、失敗しませんから。(煮物だけは)
何といっても煮ている時間が好きなのです。4,5時間煮ます。特に何をしているわけではないですが、味が決まってコトコト煮てる時間は、テンションが上がります。
これは、料理教室ではできないことですね。私は圧力鍋を使わない主義なので。というか、壊れて使えないので。あっても絶対使いません。(ワイルドだろぅ。)
いや、本当に壊れてくれてありがとうです。

結局、性に合わないのでしょう。私に料理教室は。行ったこともないくせになんですが。
きっと私にとっては、自分の作りたい料理、作れる料理を中心に、味や材料を変えて開拓してく努力をする方が近道なのかもしれないですね。はい、頑張ります!

なんだか、日記を書いていたら自己完結しちゃいました。少しすっきりしました。
こんな日記を最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

次へ 投稿

返信する

© 2018 思うがままに楽しく気楽に暮らしたい、一人暮らしの黄昏日記

テーマの著者 Anders Norén